ソープ 勃たない そんな経験

その他風俗

”ソープで勃たない。”そんな経験ありませんか?

私がソープランドで勃たなかったのは1回どころではありません。

完全に挿入さえできなかったのが2回。嬢の努力でなんとか事なきを得たのも数知れず。

例え大衆店といえども3万や4万は飛びます。さらに高級店なら6万越え。

ソープ 勃たない 私の経験

はじめて吉原に行ったときのことです。大衆店だったのですが、1回目の登楼で気のいい嬢に乗せられてついその気になってしまい、調子に乗って翌々日また同じ店、同じ嬢の元へ登楼したのです。

当時はまだうつ病が治ったばかりで、勃ちには自身の持てない状況でした。

嬢に苦労をかけ、嬢の前で恥をかき、結果手でイカせてもらうという情けない結果となりました。

ソープ 勃たない そりゃそうだ 糖尿病に気づかずに登楼。結果勃たなかった

仕事も順調。月1でNS高級に通っていた時期です。なかなか良嬢に出会えず、ふらふらと店と嬢を探っていた時期です。

体調が悪いことには気づいていたのですが、楽しみに登楼してみると、まったく勃たず。

情けないことに、嬢に苦労をかけ、嬢の前で恥をかき、手でイカせてもらいました。

ソープ 勃たない 基本的に勃たなかった日々

離婚して、40を過ぎてから、勃ちが不安定な中、ヘルスやソープなど6年ほど通ったでしょうか。

いつも嬢に事情を説明して、なんとか対処してもらう情けない日々を過ごしました。

特にソープでは、不思議と入れると勃ってくるものですが、微妙に勃った瞬間にうまく入れてもらい、なんとか事なきを得たことが数知れず。

ソープ 勃たない 原因は4つ

原因はわかっていました。

うつ病

糖尿病

精神的ストレス

肉体的ストレス

ソープ 勃たない うつ病

すでに転職して慣れない土地で、さらに職場に適合できず、うつ病にはなっていたのですが、さらに輪をかけて離婚、そして最愛の子どもたちとの別れ。うつ病はかなり重症でした。

休職からリハビリを経て復職に至りましたが、精神的に不安定な状況が完全に解消されたわけではなく、多少元気になったことと、寂しさを紛らわせるために風俗に行きましたが、そんな精神的に不安定な状況で楽しめるはずもなかったのです。

うつ病が心因性EDの原因なのは容易に想像がつきます。

ソープ 勃たない 糖尿病

自分で分析してみるに、糖尿病になったのはうつ病とうつ病の薬が原因であったと思います。ストレスが溜まって食べる。うつ病で生活が乱れ夜遅くに食べる。抗うつ剤の効果で食欲が出て食べる。そんな食生活から糖尿病になったのだと思います。

糖尿病がEDの原因になるのは有名な話です。

ソープ 勃たない 精神的ストレス

家庭を失った私は仕事に情熱を燃やしました。会社によるかと思いますが、私が勤務していた会社はうつ病で休職するとその後は100%キャリアは失われました。

頑張っても評価されないストレス。

精神的ストレスはまさに心因性EDの典型的な原因。

ソープ 勃たない 肉体的ストレス

キャリアが期待できない会社で、「それでもなんとか」とガムシャラに働きました。毎日5時前に家を出て、帰るのは11時過ぎ。

心が高揚していても身体は正直なものでした。

肉体的ストレス。つまり疲れていたら勃たない。まさにED。

楽しい登楼生活を送るには

病気を治すこと

まず基本的に病気があるなら治すことです。糖尿病があるときに、”マカ 冬虫夏草”や赤ひげ薬局の”絶倫粉エンペラー”などを飲んでみましたがまったく効果はありませんでした。

個人的に「うつ病は抗うつ剤で悪化する」が経験上の持論です。治すには、身体を休めて、精神的に安定できる環境を作り、規則正しく生活して、継続的に運動をすることだと思います。

精神的安定を

これもうつ病の対策と基本的には同じですが、付け加えると信頼できる鍼灸師のいる鍼灸院で定期的にマッサージをしてもらうと効果が高いと思います。

正直に伝えれば、自律神経のツボに針を打ってくれたり、身体をもみほぐしてもらうことで精神的に安定させることもできます。

肉体的疲労の回復

例えばPC作業による眼精疲労で勃たなかったこともあります。おそらく眼精疲労の痛みが精神的負担になったのだと思います。

また眼精疲労からくる肩こりも原因ではないと言い切れません。

適度な運動を

規則正しい生活と、年齢に合わせた適度な運動で肉体的に健康であることは当然に必要なことです。

肉体的に健康であれば、それは精神的安定にもつながります。

正のスパイラル

”正のスパイラル”は私の造語です。”負のスパイラル”の反対語。上昇気流と言ってもいいのですが。

心も身体もいい方向に回転し始めたら、どんどん上昇し始めます。

そこに私は精力剤を活用すべきだと思うのです。

私はすでに実感していますが、ゆっくりした回転に加速度をつけるために精力剤は役にたつと思うのです。

本来ならば休息と食事と運動

本来ならば仕事の疲れは休息によって得、規則正しい生活とバランスの良い食事、そして適度な運動をすることにより楽しい”性”活が得られるので

す。

楽しい”性”活を許さない現代社会には”精力剤”?

しかし現代社会では、休息するどころか明らかに身体に悪い過重労働、時間に追われてまともに食事も摂れない。ましてや運動など。

そんな生活で勃つことなどできないのが普通だと思います。

ですから精力剤が存在する。否、存在せざるを得ないのでしょう。

 

 

その他風俗
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
超高級 吉原 ソープランド.com